テレクラで料金の後払いが怖い理由

テレクラの専門サイトを利用するときって、やっぱり料金の後払いは怖いんですよ。もちろん私自身の経験則なんですけど、この考え方はそんなに間違ってないと思います。やっぱり料金は前もって定額で支払っておくのが賢い方法だと思いますね。もちろん、自分はそれほど頻繁にテレクラサイトを利用するわけではないから、毎月の定額を支払っているとそれだけで確実に損をしてしまう、というふうに、それぞれサイトを利用する人によって事情みたいなものはあるんでしょうけど。

テレクラの専門サイトを利用する際に、料金を後払いにしないほうがいい理由は、やっぱり後払いにすると、自分がどれだけテレクラの専門サイトを利用して女の子たちと通話をしたか、というのがわかりにくくなるからなんです。
例えば出会い系サイトを利用してメールでのコミュニケーションをとるときは、自分がどれくらいメールのやり取りをして、サイトのポイントを消費したかというのは、テレクラの通話料金に比べれば計算しやすいものです。

だって、メールの送信履歴って出会い系サイトのメールボックスに残るじゃないですか、ちょっと面倒くさいんですけど、最悪の場合は、メールの数を全部数えたら、自分がどれくらいサイトを頻繁に使っているのかということがわかります。
ちょっと面倒くさいといいましたが、出会い系サイトを利用している人が料金をある程度けいさんしながら利用するというのは非常に大事なことですし、また、メールフォルダのページ送り機能なんかを使えば、掛け算で割と簡単にメールの総数を計算できるのではないでしょうか。
実際に私は、請求書が来る前に、自分が出会い系サイトをどれくらい利用したか、どれくらいの料金をサイトに支払わなければならないのかということを計算していました。
あらかじめ計算しておけば、万が一出会い系サイトから送られてきた請求書に何か問題があっても(要するに、請求された金額が高すぎるという問題があっても)おかしな請求の内容にすぐ気づくことができます。

メールボックスのページ送り機能を利用したメール総数の計算について、もう一度確認しておきます。
メールボックスって、一つのページに表示されるメールの件数って決まってるでしょう。
もちろんその件数は自分が任意で変更することもできると思うんですけど、それで、メールボックスのページ数が全部でいくつあるのか、今自分が確認しているのがメールボックスの中で何ページ目の部分なのかということも、必ず表示されるものだと思います。
実際に私が利用していた出会い系サイトでは表示されました。

だから、一ページ当たりに表示されるメールの件数と、受信ボックス(送信ボックス)の総ページ数を掛け算すれば、自分がどれだけメールのやり取りをしているのかということがわかるんです。
もちろん、全部のページを数えて掛け算する必要はなくて、一か月分だけの計算でいいんですけど。

私は過去に、テレクラの専門サイトで詐欺に遭いかけたことがあって、登録していたパソコンのメールアドレスに、めっちゃ高い料金の請求書が送られてきたんです。
その時は割と初心者だったこともあって、どうしよう本当にこれだけの金額を払わなければいけないのかとパニックになったんですが、しばらくたってから冷静になってみて、これはひょっとすると悪徳なサイトかもしれないから、馬鹿正直に支払いに応じる必要はないのではないかと考えることができました。
もしも、パニックになってそのまま馬鹿正直に料金を払っていたらヤバかったと思います。
気持ち的にもう立ち直れなかったと思いますし、たぶん出会い系サイトかテレクラサイトというもの自体に絶望してしまって、今では一切そういうサイトを使うこともなくなっていたと思います。

出会い系サイトとかテレクラの専門サイトを利用していて、実際に悪徳っぽいサイトからわけのわからない請求が送られてきた経験があるとか、あるいは、もしも自分のアドレスにそういうわけのわからない請求書が送られてきたらどうしようというふうに、かなり不安に思っている人もいると思うのですが、わけのわからない請求書は無視するに限ります。
絶対に無効の要求通りお金を支払ってはダメです。
一度でも相手の言いなりになってお金を払ってしまうと、悪徳サイトの運営者に「こいつはカモだ」と思われて、それ以降もずっと料金を請求され続けるという、本当に最悪な事態になってしまいます。

ちょっと話がそれたかもしれませんが、普通に出会い系を利用してメールのやり取りを中心にする場合に比べると、テレクラの専門サイトの電話のやり取りというのは、料金が計算しにくいのです。
だって、自分がどれくらいの時間おんなのこと電話したかなんてことを、すべていちいち覚えている人ってそんなに多くないだろうと思うのです。
もちろん、通話が終わったら自分がどれくらいの時間通話していたのかっていうのが表示されるとは思うのですが。

基本的に、通話時間から料金を計算するというのは難しくて、たいていは自分が思っていたよりサイトを使い込んでいて、後から送られてくる請求書を見ると、え、こんなに私はサイトを利用してしまっていたのかと驚き、後悔する場合がほとんどです。

サイトを利用するたびに追加でポイントを購入し、そのポイントを使い切ってしまったら、自分の意志でポイントを購入するまでは再びサイトを利用することができない、というシステムになっていれば、サイトに料金を支払い過ぎてしまうというリスクも小さくなるのだと思いますが、テレクラの専門サイトの中には、今の利用者がどれくらいサイトにお金を支払っているのかということを教えずに、ポイントがなくなったら自動でポイントをチャージして、その請求を月末くらいにまとめてするというサイトも多いんです。
だから利用者は、自分がたっぷりと利用料金を支払うことになっているということに気づかないんですよね。

完全無料のテレクラの専門サイトだといって利用者をだますサイトも、これと似たような詐欺の手法を使ってきます。
まず、サイトを利用するためのポイントが不足しているので、購入の上チャージしてくださいという表示を一切出さないんです。
それで、サイトに料金を支払わなくてもいつでも自由にサイトを利用してチャットレディーとのコミュニケーションを楽しめるので、テレクラの専門サイトに対する警戒心が特に足りない利用者などは「本当にこのサイトは、自分で一一料金を支払わなくても自由に利用できるんだ」というふうに勘違いしてしまうのです。
勝手にポイントをチャージしておいて、そのことを利用者にはほとんど伝えず、月末くらいにまとめて請求するというやり方は、本当に卑怯だと思いますね。
まあ確かに、自分がたっぷりサイトの利用ポイントを使い込んでいることについては、利用者だって気がついているはずなので、こんなにサイトを使い込んでいるのに、料金の請求がただなのはおかしいというふうに、疑問に思わない利用者もおかしいのですが……。

ポイントを購入してサイトを利用していくやり方では、自分がどれくらいサイトを利用したのかということがわかりにくくなるため、料金の後払いが怖いんです。

おすすめ関連記事→メリット・デメリットを把握する事が何よりも重要

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ